クランポンスクールの教育にまつわるお話(ブログ)

ブログ一覧
  1. 作文の添削

  2. 冬休みを終えて

  3. 比喩の学習1

クランポンスクールについて

2020年に日本の教育は激変します。21世紀の社会を生き抜くために必要な資質・能力が大きく変わります。
例えば、あと10年〜20年で、国内の職業の49%が機械やAIに代替される可能性があったり、約1/3の企業が外国人留学生を採用し、特に1000人以上の社員を抱える大企業では、2社に1社とその割合は増加しています。また2011年に小学校に入学した子ども太刀の65%は、今は存在していない職業につくという予測もされています。
このような激変していく社会を生き抜くためには、「主体的に問題を解決していく力の育成」や「社会の急速なグローバル化に対応する英語能力の育成」が急務ということになります。
そこで、クランポンスクーリでは、「どのような力(資質・能力)を身に付けるのか」「何ができるようになるのか」というところまで踏み込み、以下の三つの力を身につけてく指導し、子供たちが自分らしく未来を切り開く力を育むためのまなびを提供していきます。

icon4

まなびに向かう力・人間性など

多様性を尊重する態度と互いの良さを生かして協働する力、持続可能な社会づくりに向けた態度、リーダーシップやチームワーク、感性、優しさや思いやり

icon15

何を理解し、何ができるか

すでに今知っている知識や技能と関連づけたり組み合わせたりしていくことにより、社会で活用できる知識・技能として体系化しながら身につけていきます。

icon21

思考力・判断力・表現力

問題を発見し、その問題を定義し、解決の方向性を判断・決定し、解決方法を探して計画を立て、結果を予測しながら実行し、プロセスを振り返って次の問