Eラーニングを利用した反転授業

算数数学的思考力、教科横断的思考力・表現力、この2つのプログラムには、Eラーニングを利用した反転学習の要素を含んでいます。

 

一例として、小学校1年生向きの算数数学的思考力のプログラムの様子をご紹介します。

今回は、「20より大きい数」という単元です。

 

ご自宅、もしくは教室をアフタースクールとして利用している時間に、指定した範囲の基本的な学習をEラーニングで行います。

他の教材等で学習している生徒・児童もおり、Eラーニングは強制ではありません。

ただ、自分で基礎的な学習を行う場合、Eラーニングが効果的であるというお子さんも多いものです。

とくに小学生はゲーム感覚で競い合いながら楽しんでいるようです。

 

教室では、プログラムの冒頭に該当範囲の小テストを実施します。

この回では、以下のような問題を用意しました。

そして、プログラムでは、例えば、1-3-( )-7-( )-11、22-19-( )-13-10 といった数列の( )にあてはまる数字を答える問題などに挑戦しました。

「どうして5が入るの?3の次は4じゃないの?」といった講師からの問いかけに応じて、一生懸命説明をしてくれました。

プログラムの後半では、講師役に指名された児童が100玉そろばんを使って解き方を説明する時間をたっぷりとりました。

 

「Eラーニングは不安」「反転させることに効果はあるの?」とお考えの方もいらっしゃることでしょう。

わたし自身も、以前はそうでした。

また、賛否が分かれるところだとも思います。

 

しかし、少なくとも

ゲーム感覚のEラーニングが関心意欲を高めるきっかけになり、プログラム内のやりとりを活発にしていること。

基礎的な学習をあらかじめEラーニングで行っているからこそ、週に1時間のプログラムが濃密になっていること。

こういった点については、児童・生徒との日々のやりとりの中で効果を実感しています。

関連記事

  1. 数学のロマンを伝える記事を作成しよう!

  2. 大きな数に親しむ

  3. クランポンスクールの作文指導

  4. 「方程式を解く」「因数分解する」を小学校高学年にわかるように

  5. 描写のスキルを鍛えよう!

  6. 手を動かして、頭を動かす

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。